" 車の無料査定で最高額を引き出す方法

車の査定は複数社を比べなければ意味がない

車 無料 査定

車を無料で査定する方法はたくさんあります。

多くの車買取専門店がオンライン査定や出張査定を無料で行っています。

査定をしてもらうこと自体は簡単なのですが、問題はどこに査定をしてもらえばより高額の評価をしてくれるのかということです。

有名大手の買取店だからといってあなたの車に最高額を付けるとは限りません。

買取専門店には「4WD車なら任せてください」「ディーゼル車ならどこにも負けない」「軽トラックならどこよりも高く買い取る」などと様々な得意分野を持つ業者があります。

あなたの車と相性がよい買取店、
つまりあなたの車を欲しがっている買取店
を探し当てるのが高額査定を引き出す秘訣なのです。

探し当てるといっても自分の足で探すわけではありません。

このような場合にピッタリの一括査定という無料サービスがあります。

一括査定なら一度の入力で多くの買取店に網をかけることができ、「あなたの車を欲しがっている」複数社が査定額を競ってくれます。

一括査定を利用することにより、相性のよい買取店が向こうの方から名乗りを上げ、それぞれライバル店を意識した競争をしてくれるのです。

自分で買取店巡りをしたらこうは行きません。

この点が一括査定の最大のメリットです。

申込みの入力もとても簡単。長くても3分程度、かんたん車査定ガイド等のように簡略化されたものなら1分もかかりません。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


車一括査定のサービスはかんたん車査定ガイドのほかにもたくさんあります。
利用者が多く特におススメのものを紹介してみましょう。
どれも成約手数料などの心配の無い「完全無料」ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


買取専門店の無料査定のメリット

車の無料査定

車を乗り換えるとき、かつては今まで乗っていた車は下取りに出すのが普通でした。

今では、下取りよりも高く買い取ってもらえるという定評が広まって、買取専門店に査定・買取をしてもらうのが一般的になりつつあります。

なぜ買取専門店は下取りに比べて高額の査定を提示できるのでしょうか。

■中古車専門業者のスケールメリットがある

簡単に言えば、中古車を専門にして大量に扱う買取専門店に、新車販売をメインにする新車ディーラーがスケールメリットで太刀打ちできないないからということになります。

再販売する価格は同じでも、大量売買のスケールメリットを持つ買取専門店の方が薄利多売が可能になり、ディーラーより高額で高く仕入れても利益を出すことができるという訳です。

また、買取専門店は買取・売却の回転が早くて在庫をほとんど持たないですむのものも、、ディーラーより優位な点です。

全国規模の販売ルートがあり常に多くの需要がある買取業者は、利益率が低くても回転がいいので高価買取ができるのです。


■販売ルートや地域展開が違う

ディーラーは下取り車を自社店舗や系列の中古車店で販売していますが、大体はどこでも広い展示場に「在庫」がたくさん展示されています。

買取専門店にも中古車販売を行うところがありますが、広い展示場など見たことがありません。

さらに車買取専門店、中でも全国チェーン大手には全国展開ができるという強みがあります。

例えば4WDは寒冷地で高く売れるなど地域の相場の違いを活用した販売展開ができます。

これも限られた地域での販売をメインとするディーラー側にはない強みになっています。

■相場情報の収集力が違う

ディーラーの下取り査定のベースとなる基準価格表は、定期的に更新はされるものの日々動きのある中古車オークションの相場等から見れば固定的なものです。

買取専門店では、中古車オークションなど全国の相場情報を随時収集して基本価格を決めているため、より高い価格を提示できる場合が多いのです。

また、下取りの査定では、純正品ではない社外品パーツはプラスどころかマイナス査定になりかねませんが、買取専門店なら社外パーツもプラス評価対象となります。

車の査定時のチェックポイント

国の指導で自動車査定の中立・公正のために設立され、査定士の資格試験や登録等を行っている(財団法人)日本自動車査定協会は、全国の自動車査定業者の基準となる中古自動車査定基準を定めています。

実際の査定マニュアルは各業者により独自の部分も多いでしょうが、査定士によって査定が行われる以上基本的なことはこの査定基準がベースになっているはずです。

この査定基準によれば、中古車の査定では大体次のようなチェックが行われることになっています。

■書類の確認

車検証、整備手帳、取扱説明書、自動車リサイクル券、定期点検整備記録簿など

■車両の確認

車両の傾き、車高、ナンバープレート、改造の有無などの基本的な状態がチェックされた後、次の各部分について、傷、凹み、曲がり、修理跡、サビ、腐食、亀裂、不要な穴、要交換部品、塗装の変色・退色、交換跡などがチェックされる。

・車内の状態・装備品
シート・内張・マットの状態、走行メーター、装備品の作動状態

・エンジンルーム
車体番号、冷却水・オイル、修復歴

・外観
<前面>フロントガラス、ナンバープレート、パネル、下回り、レンズの状態
<側面>パネル、ドアの部品の交換や修復歴、ネームプレート、タイヤサイズと残り溝
<後面>ナンバープレート封印、パネル、下回り、レンズの状態

・トランクルーム
修復歴、スペアタイヤ

・ルーフ

これらの項目について標準的な状態を起点として、状態が良ければ加点し、悪ければ減点となります。

実際にチェックが行われるときの基本的な手順は次のようになります。

①外周一巡→全体の印象、ナンバープレート
②運転席と室内→走行距離、装備品、内装の状態
③車検証、保険証の確認、転記
④エンジンルーム→ネームプレート、車体番号
⑤修復歴・部品交換跡等の有無、装備機器の有無
⑥前部→前部、下回り、フロントガラス
⑦側面→側面ボディーパネル、ビラー、下回り
⑧後部→後部ボディーパネル、トランクルーム、下回り
⑨ルーフ→ルーフパネル

「ディーラー下取りは買取専門店に比べて確実に損をする」、「買取専門店に買取価格を競争させたら下取りよりも絶対に高く売れる」などとよく言われますが、現実に両者の査定額にはどのくらいの差が出るものでしょうか。

下取りと買取専門店の査定額の違いは様々な所で紹介されています。

●トヨタヴィッツ(Vits)4WD 5ドア(走行距離44,000Km)の例

  <買取専門店>         <ディーラー下取り>

  A店  32万円       日産系    G店  18万円

  B店  31万円       トヨタ系   H店  17万円

  C店  30万円       トヨタ系   I店  13万円

  D店  30万円       日産プリンス系J店  12万円

  E店  27万円       ホンダ系   K店  15万円

  F店  24万円

買取専門店の最高額32万円に対して、ディーラー下取りでは20万円に達しているところが1店もありません。

ディーラー下取りは、最高額でも買取専門店の最低額を上回ることができません。

新車の購入者が下取り価格にこだわったりすれば、下取りでも車買取専門店の買取額を上回る場合がないわけではないでしょうが、その場合は新車の値引き額の方でしっかり帳尻を合わせていると考えるべきでしょう。



<耳寄りな話>

軽自動車の任意保険料を安くする一番の方法は、ともかく一度自分で各社の保険料を比べてみることです。
無料の一括見積りならネット入力で簡単に比較できますよ。


このページの先頭へ